顔のシミにはどんな種類がある?

そばかすとしみの違いは?どんな特徴があるの?

MENU

顔のシミで最も多い種類は老人性色素斑

顔にできるシミにはいくつかの種類がありますが、最も多いのが老人性色素斑です。
これは、紫外線の影響によってできるシミで、日光性黒子とも呼ばれます。

 

今や紫外線対策は年間を通して欠かすことができませんが、
何の対策もせずに外出すると、紫外線は肌の奥まで到達し、細胞にダメージを与えます。
このダメージは肌の奥で蓄積され、年数が経過すると、顔のシミとしてあらわれます。

 

また、若い頃は肌のターンオーバーとともにメラニン色素は排出されますが、年齢を重ねるごとにターンオーバーが乱れ、メラニン色素が肌に残りやすくなります。
ですので、個人差はありますが、老人性色素斑は30代くらいからでき始め、中年以降になると増える傾向があります。
この種類のシミは、紫外線にさらされやすい頬骨の高い部分に多く見られます。
数センチから数十ミリのくらいの丸い形をしていて、最初は薄い色をしていますが、徐々に色が濃くなる特徴があります。

ホルモンバランスの乱れが原因の顔のシミ

更年期の女性に多く見られる顔のシミに、肝斑があります。
肝斑は、頬や額、鼻の下などに左右対称にできるのが特徴的なシミで、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

 

ホルモンバランスが乱れやすい更年期の女性の他、妊娠していたり、ピルを使用している女性にもできやすい顔のシミです。
肝斑は閉経後に改善する場合もありますが、自分でケアするだけでは治りにくいと考えられています。

 

また、肝斑と老人性色素斑が重なるようにできている場合もあり、素人ではどの種類のシミなのか判断が難しいと言えます。
そのため、肝斑の治療は皮膚科や美容クリニックで行うのが適切です。
肝斑の治療で最もよく使われるのは、トラネキサム酸という内服薬です。
トラネキサム酸が効果的に作用すれば、数ヶ月で改善します。

 

また、クリニックによっては、レーザートーニングという肝斑にも使用できるレーザー治療も併用することで、治療効果を上げています。