そばかすの特徴と対策は?

そばかすとしみの違いは?どんな特徴があるの?

MENU

気になるそばかすの特徴とは?

顔にできてしまう、あのシミと同じように見えるそばかすですが、実はシミと比較するとたいへん大きな違いがあります。
一つの大きな違いは、できる原因にあると言えるでしょう。

 

シミが、主に後天性の原因でできるのに対して、そばかすの場合は、主に遺伝性のものであると考えられています。
そばかすは、正式には雀卵斑と呼ばれ、斑点の大きさはシミよりも小さいという特徴を持っています。
また、顔の頬や鼻の周りなどに出てくることが多いのも特徴の一つと言えるでしょう。
とは言え、顔以外の部分にもできることがあります。
加えて、外の紫外線にさらされたことが原因となって、斑点の色が濃くなるという性質を持っています。

 

しかし、たいへん嬉しいことに、加齢に伴って濃くなっていくシミとは異なり、
年齢を重ねるにしたがって薄くなっていくこともあると言われています。

 

いずれにしても、引き金ともなり得るのはメラニンと言うことができるでしょう。

そばかすを濃くしないための効果的な対策

そばかすは紫外線に当たることによって濃くなるという特徴を持っているため、とにかく紫外線に当たらないよう心がけることができます。
外出時には必ず日焼け止めをしっかり塗ったり、日傘を使用したりしてしっかり対策を講じることが必要でしょう。
もちろん、部屋の中にも油断は禁物です。しっかり予防するように心がけましょう。

 

また、メラニンが定着してしまわないようにすることも必要です。
そのためにできるたいへん効果的な対策は、普段からビタミンCをしっかり摂取することです。
また、活性酸素を取り除き肌の老化を防止する働きを持つビタミンAや、新陳代謝を促し
ターンオーバーを助ける効果を持つビタミンEなども効果的でしょう。

 

これらに加えて、別の効果的な対策は、肌に余分の刺激を与えないということです。
それで、マッサージや洗顔の際には、力を入れ過ぎるのは禁物です。とにかく、力を入れず優しく行なうようにしましょう。